わからなければここに聞け!Amazonセラーの多くが悩むあの問題はここで解決?

Amazonで販売するなら攻撃よりも守りを固めるべきです。

ツールなどを使用して利幅が出るからと言ってなんでも

仕入れて販売していませんか?

もしそうならちょっと立ち止まって考えてみてください。

利幅が出ているならなにか理由があるはずです。

①需要に対して供給が少ない

②カテゴリーやメーカー規制がある

③メーカーが認めた業者でしか販売できない

①ならOKです。ガンガンいきましょうw

②なら出品時に該当商品がだせるか確認できるので

事前にやっていれば対処できます。

③に関しては注意が必要です。

知的財産権、商標権、不正競争防止法

こんな理由でメーカーはAmazonへ出品停止を要求してきます。


それ以外では購入者からニセモノ扱いされて

真贋調査をされることもあります。


知財絡みだと化粧品や健康食品商品でよく言われます。

このようなメーカーは中小メーカーが多いです。

自社ECサイトで初回無料、半額をPRして顧客を囲いこんで

サブスクリプション(月額費)系で収益を上げています。

このような商品がAmazonで出さないものであれば

もしAmazonで安く出されると困ります。

ECサイトの集客が悪くなりますし、

無料や半額といった初回限定価格をこのような転売目的で使われると

メーカーとしてはデメリットしかないでしょう。

温度管理などの問題もあるのでなにか問題があると

最終的にはメーカーにいきます。

paypayのキャッシュバックキャンペーンもアプリ利用者を増やして

決済サービスのシェアを取るのが目的であって一部の人達だけで

転売するために使われるだけなら全く意味がないです。

たまに親切なメーカーに当たると最初にセラーへ直接連絡して

くれるのでAmazonアカウントに影響がなく対処することが可能です。

こうゆうメーカーさんばかりならいいですが、

いきなりAmazonへクレームを上げられて調査されるのが一番嫌ですよね。

こうゆうときはどうしたらいいでしょうか?

一番良いのはメーカーへ確認することです。

それに近い問屋で確認してもらうのもありです。

問屋サイトから確認するパターンもあります。あくまで参考です。

別のアプローチもあります。

Amazonに聞いてしまうことです!w

テクニカルサポートに聞いてみるとこうなります。

■ご質問
お世話になります。ASIN:〇〇なんですが
メーカーから知的財産権や商標権などでアマゾンへ出品者の排除などの申請が過去にあった商品かどうかわかりますでしょうか?

ASIN:〇〇
商品名:ABCDE

■回答
過去に類似したケースが発行されているか確認させていただきましたが、
大変恐縮ながら、知的財産権でのお問い合わせケースは確認することができませんでした。そのため、現時点ではこちらの申請はないものとして考えてよろしいかと存じます。

しかしながら、上記内容はあくまでも当サポート側で確認できた範囲での回答となりますので、
FBA受領が完了したのち、出品が開始されてから、メーカー側よりご指摘が入ってしまう可能性も十分にござます。
あらかじめご理解ご容赦をいただけますようお願い申し上げます。
万一、メーカーよりご指摘が入ってしまわれた際には、Amazonを介して担当よりご連絡をさせていただきますので、
その際には出品の停止や、メーカーへの返信などでご対応をいただけますようお願い申し上げます。

以上です。

大変恐縮ですがという内容ですが逆にありがたいですよねw

Amazonへ過去にこのような事例があったかを確認することができるということです!

これで解決ということではないですが、一つの指標として活用できるので

ぜひ新しい商品を販売しようと検討していて

これは大丈夫かなと感じるのであれば聞いてみると良いでしょう。

多くセラー毎回なんでも聞いてしまうと

Amazonも対応が面倒なので答えなくなることもないとは言えないので

ここぞというASINだけにしておきましょうw